カテゴリ:Architecture( 10 )
東京遠征2日目 パート2
前回の内容でNAパーティー、アクア絡みは終わりです。
すいませんがここからは建築ネタですご了承下さいませ w

Soul Union House in 三鷹

お風呂の窓・・・・
d0105743_2225551.jpg


NAみたいな窓です・・・
お風呂から見えるお庭は凄く狭いのですが植栽がいい感じに茂ってきましたね。
朝風呂はとても気持ちいいみたいです^^

次に外部の道路際・・・・
ロタラの水上葉みたいな下草です・・・良い感じですね
d0105743_22261933.jpg


3-40センチ幅の植え込みですが植栽が茂ってきましたね^^
d0105743_22263876.jpg


次に内部・・・・・
d0105743_22265926.jpg
d0105743_222714100.jpg

良い流木がなぜかありました w
d0105743_22272928.jpg
d0105743_22274767.jpg
d0105743_2228033.jpg

15畳ぐらいのLDKですがうまく生活されているみたいです。
DJブースも生活の一部ですね^^


ワハハハハ・・・・友人の生活スタイルばかりじゃないですか!
いえいえちゃんと細かい所は見ておりますよ(やはり気になりますものね!)
またどのように生活しておられのかもチェックですよ!

竣工当時
d0105743_22372592.jpg

d0105743_2244971.jpg


現在
d0105743_22282061.jpg

狭小住宅ですが吹き抜け、地下室、ロフトもあります
うまく生活されていましたよ (^^)


--------------------------------

その後友人のお知り合いお宅へホームパーティーに少し顔を出して・・・・・
ビールをご馳走になり・・・・・
あ!! 新幹線に間に合わない・・・・ダッシュでぎりぎり・・・・
車中・・・・・またまたビールと弁当・・・・・・
10時30分に新大阪に着き、
家に帰ってビールを飲んで寝ました。(爆)

チャンチャン ♪♪

日が経つのは早いですねもう1週間!・・・

PS)植栽は友人のお知り合いの方が施工されました

にほんブログ村 観賞魚ブログへ
ブログランキングです、クリックお願い致します。
[PR]
by ben-style | 2008-09-19 23:05 | Architecture
久しぶりに建築ネタです
今日夕方から上棟式(棟上)があり、
この猛暑の中3日間かけて上棟致しました。
d0105743_2145921.jpg
d0105743_2151578.jpg
d0105743_2152876.jpg
d0105743_2154576.jpg

接合部等はこのような金物でしっかりとジョイントしております。
d0105743_216396.jpg

上棟した後最上部に御幣串を立てます、
お施主様の名前、施工業者の名前、設計事務所の名前が書かれて、
この御幣串は最終的に小屋裏(2階の天井裏)に置いておきます。
大工さんは命綱も付けずに梁(はり)の上をホイホイと歩いていますよ!凄いですね!

本日事務所の姫スイレンが咲きました、可愛いですね^^
d0105743_21171864.jpg


暑い日が続きますが、皆様夏バテにはお気をつけ下さい、
レイコン発表もうすぐですね、毎日ポスト見ております。^^
[PR]
by ben-style | 2008-07-26 21:20 | Architecture
大山崎山荘美術館
GW最終日 大山崎山荘美術館へ行ってきました。
ここの美術館は「モネの睡蓮」が展示してある美術館で
新館の設計は世界的に有名な建築家、安藤忠雄です。
モネの睡蓮の展示室はパリのオランジュリー美術館と同じ様な円形展示室で
旧館は大正時代に建てられたイギリスのハーフティンバー工法の洋館です。
睡蓮の池もあるのですが、まだ花は咲いていませんでした、
まだ早いのでしょうか?
場所は京都と大阪の県境、JR山崎駅から坂道を山へ徒歩15分ぐらいです。
d0105743_21575799.jpg
d0105743_21581912.jpg
d0105743_21584046.jpg
d0105743_21585677.jpg
d0105743_215913100.jpg

d0105743_2235424.jpg

モミジが多かったので、秋の景色が良いみたいですね

その後京都へ出てお寺参りと思い・・・・
高台寺のライトアップ!
あ~そのうちしんどくなり・・・・
近くの熱帯魚屋さんへ休憩に!(笑)
「あおぞら観魚園」
どこへ行ってねん!!
関西でも有名なプレコに力を入れているお店です。
写真を撮るのを忘れしまいましたが、
店長は熱くプレコの事を語って頂いて、
とても親切なお店でした。
最近、小型プレコに嵌りかけています(笑)

P・S) その後、歩き疲れたのか?食事をして帰りました (爆)
[PR]
by ben-style | 2008-05-07 22:20 | Architecture
NATURE IN 京町家
d0105743_23391039.jpg


我が家の水槽も・・・・・
[PR]
by ben-style | 2007-06-20 23:42 | Architecture
静かな時間
午後の昼下がり


京町家離れの2階、静かな時間が流れていました。


仕事中なのに、この季節眠たくなります。


コックリ! コックリ!

d0105743_20151871.jpg

[PR]
by ben-style | 2007-06-19 20:16 | Architecture
漆喰壁
d0105743_2361072.jpg
私の仕事
今回の住宅は新漆喰壁を採用しました。

漆喰の材料はおもに3種類あります
1) 伝統的な工法により現場で練り上げる方法
2) 主に石灰メーカーが調合したものを買い現場で水を使って練る方法
3) 工場で石灰と発酵させたすさを交ぜ練り合わせたものを、現場に運んで使う方法

しかし伝統的な工法で練上げる方法は特別な建物以外、ほとんど現在では見られません、
まず伝統的な工法を出来る職人さんが非常に少ないらしいです。
現在自然素材として使われている漆喰はほとんど新漆喰とよばれるもので、
伝統的に伝わってきた漆喰とは少し違う物です。

よくハウスメーカー・建売住宅の広告で、日本古来の伝統漆喰壁などと書いてある
チラシなどを見かけますが、たぶん嘘ですよ!
[PR]
by ben-style | 2007-05-23 23:22 | Architecture
住吉の長屋
先日 近くを通る事があったのでご紹介します。
1979年日本建築学会賞受賞作品 住吉の長屋
設計者 安藤忠雄
世界的建築家 安藤忠雄の出世作
近年の作品  表参道ヒルズ

d0105743_22453347.jpg


外部に対してほとんど窓を持たず、光は中庭を通して確保しています。
雨の日は部屋を移動する時、傘をさして中庭を通らなくてはなりません。
しかし内部は限られた空間を極限なまでに豊かな空間を作り上げています。

以前学生を連れて行ったことがあるのですが、
目の前に立っているのにどの建物ですか?と聞かれました,
あまりにも周辺住宅に溶け込んで見えたのでしょう。

実際行って見てみると写真のイメージよりもっと小さく感じますよ!
[PR]
by ben-style | 2007-04-18 22:51 | Architecture
京都の現場
今日はもう1つの現場 京町家の現場を紹介します。

3月中に工事着工し、解体工事が始まったところです
以前から古民家・町家・長屋などいろいろ建物を見てきましたが
京都の町家は、「いい仕事してますね~」て感じです
見てください床板1枚1枚に書かれた番号
大掃除の時に床板をはがして床下を掃除するためだと思います。
d0105743_16242550.jpg
d0105743_16243998.jpg


畳の裏等に番号を書いてあるのはよく見ますが
このようなのは初めて見ました。
また床板の杉板が幅広で厚い!
d0105743_1623627.jpg


こちらの現場もぼちぼちUPしますね!
[PR]
by ben-style | 2007-03-30 18:34 | Architecture
ちょっと変わった建築物
第二次世界大戦中の砲台跡の建造物です。
ちょっと信じられませんが、場所は大阪市の北部淀川区にあります。

この写真は3年程前に撮ったもので
その当時都市計画道路拡張で解体計画があったみたいです
保存運動がおこっていたみたいでね。
現在、現存しているかどうかわかりませんが?
歴史の遺産として残しほしいものですね!!

d0105743_22391475.jpg
d0105743_22392560.jpg
d0105743_22393330.jpg

しかしよく見ると住居になっているみたいで、ポスト・住居表示まであります?
どうもこの砲台跡を住居にして住んでいる人がいるみたいです!
[PR]
by ben-style | 2007-03-27 22:41 | Architecture
瓦の種類
今回は私の仕事建築です。
現在進行中の住宅の現場です、瓦屋根を採用します。
d0105743_145544.jpg

上棟直後の写真

日本瓦にはいろいろな種類・形・産地が有ります。
代表的なのが石州(島根県)・三州(愛知県)・淡路(兵庫県)です
でなにが違うのかと?焼き具合・色・大きさ・etc、その土地風土あった瓦です。

これは淡路産の一文字瓦です。
瓦屋根の先端がまっすぐ一の字になっている物を一文字瓦と言います。
京都の町家によく使われている高級瓦です、施工については高度な技術が必要です、
瓦のずれをごまかせないからです。
d0105743_14552731.gif

d0105743_13252990.jpg



こちらは淡路産の万十唐草瓦です。
瓦屋根の先端に饅頭みたいな物が付いている物をまんじゅうからくさ瓦と言います
普及品一般的に良く使われる瓦です。出玉の部分で瓦のずれを隠します。
d0105743_14554818.gif

d0105743_13254514.jpg


阪神大震災以降、瓦が重たいとして、ほとんど見なくなりました、
それならば軽い屋根が良いのかと言うと、
台風などの強風には、瓦に比べ飛ばされる確立が高いのです、
温暖化になって台風が増え屋根が飛ばされるような事になって困りますね!

まあ~本来 台風・地震にも強い頑丈な家を造る事が基本です!
[PR]
by ben-style | 2007-03-03 14:59 | Architecture